リバウンドの原因を取り除く方法


お腹が一杯になると脳から満腹信号が出ますが、これは脂肪細胞が脂肪をキャッチしレプチンを出すためです。食事を減らすとレプチンの分泌量も減ります。
ダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合にもレプチンの量は変化します。適正量に戻るには、約1ヶ月程度要します。
ダイエット後にリバウンドがしやすくなる原因は、食事量を元通りにしてもなかなか満腹できないことあります。リバウンドの原因を回避するには、どういった工夫が必要でしょう。
人体のホメオスタシスは、月に5%のダイエット効果があった時に動くものであるとされています。短期間で急激な減量をせず、5%以内の体重減少を目安にすればリバウンドの原因をひとつ取り除くことができるといえます。
レプチンが足りずに満腹感がおきにくいという点についてはどうするべきでしょう。レプチンの分泌量が正しい状態になるには、1カ月はかかるといいます。そのため、レプチン量が正常になるまでは自己判断を重視し、食べ過ぎに注意します。
ダイエットをやめても摂取カロリー量には注意をしつづけること、1カ月は食べ過ぎないことがリバウンドの原因への対応となります。







早食いだからレプチンを出すまえに食べ過ぎる(笑)